乾燥肌改善の一歩!化粧水の選び方

subpage01

生活習慣や、こすったり、力の入れ過ぎなどの間違ったスキンケア、食生活で引き起こされることの多い乾燥肌。

かさついて、粉を吹くせいでメイクのノリも悪くなるなど、特に女性の肌には大敵な乾燥肌ですが、生活習慣の改善と共にスキンケアを見直すことで、今の状態から良くなる可能性が高いです。

肌の水分補給をしてくれる化粧水の場合、乾燥肌の方はどんなものを使った方が良いのでしょうか。

化粧水の乾燥肌情報サイトを利用しましょう。

本来化粧水は肌を整えるためのものであって、肌の保湿や保水力を上げるといった効果はあまりありませんでした。


しかし、最近のものにはヒアルロン酸など保湿成分が含まれるようになったため、化粧水=保湿出来ないという考え方は古いとさえ言えるかと思います。



コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、プロテオグリカンなど様々な保湿成分の入ったものがありますので、価格や使い心地を比べながら、自分に合った化粧水を見つけてください。



また、一見脂性肌のように見える肌でも、実は肌の内側は乾燥しているというインナードライスキンというものもあります。
皮脂抑制をしているにも関わらず、脂性肌がよくならないという方はインナードライの可能性がありますので、保湿がしっかり出来る化粧水に変えて様子を見てみるというのも一つの手かもしれません。
程度の重いものなど、どうしても治らない乾燥肌は病院の力、知恵を借りる必要があります。
自分の乾燥肌は何が原因になっているのか、自分を見直しながらすこやかな肌を目指していきたいものです。