img_02

失った歯を取り戻し食の楽しみをもたらすインプラント

人間の生活にとって歯はとても大事なものです。

幼少期に子供の歯が全て生え変わって大人の歯になると、それは一生涯にわたって大切にしていかなければならず、歳を重ねてもいかにして食生活を心から楽しんで暮らしていけるかはまさにこの歯の健康にかかっていると言えるでしょう。



しかしその一方で、最近では歯科医療も発達を遂げ、失われた歯を容易に再生することが可能となってきています。



以前はお年寄りが入れ歯を使って失った歯を補う光景が一般的でしたが、今ではインプラント技術を用いることで、まるで元の歯を取り戻したかのように以前と全く変わらない食生活を送ることが出来るのです。

togetterが勢いに乗っています。

このインプラントは失われた歯に代わって人工の歯を築いていくというもの。
具体的には顎の骨にボルトを打ち込んで基礎部分とし、そこから徐々に土台を形成していった上に人工の歯を接着します。

最初は多少の違和感があったとしてもそれはいつしか歯茎に馴染み、これまでと全く変わらない使い勝手となって慣れていくことができるでしょう。また、顎の骨に接続したボルトも月日が経つことで更に骨と融合していくはずです。

以前はインプラントの施術には術中や術後に痛みが伴うことも多かったものの、最近では麻酔の精度が上がったり、術後の飲み薬などによってもかなりの程度コントロールできるようになり、全体的なクオリティが驚くほど進歩を遂げています。

こういった背景によって痛みを感じること無く、快適に歯を取り戻すことができるわけです。