img_02

歯医者が歯間ブラシを勧める理由

歯周病は毎日歯磨きをしていると言う人でも、かかってしまう歯の病気です。
これは歯と歯の間や、歯と歯茎の間の汚れをきちんと落としきれずに細菌が増殖することで起こります。

そのため歯医者は正しいブラッシング方法を指導してくれたり、歯間ブラシを使うことを勧めてくれます。


歯磨きは毎日行っていても歯間ブラシを使っていると言う人は少ないかもしれません。

歯間ブラシとは、歯と歯の間の歯垢を掃除する小さな歯ブラシのことです。
歯医者がこの歯間ブラシを勧めるのは、歯間ブラシを使うことで虫歯予防だけではなく歯周病予防にもとても効果があるからなのです。
歯ブラシを使うだけでは、歯垢は約6割程度しか落とすことができません。

togetterはとても人気があり、興味深いです。

歯ブラシでは落とすことができない歯垢は歯間ブラシを使うことで9割程度落とすことができるようになります。



また歯茎が下がってくると歯の根元が見えるようになります。

この部分は歯の表面に出ているエナメル質の部分よりも数倍虫歯になりやすいので、歯間ブラシを使うことによって歯と歯の間、特にこの根元の部分の歯垢をとることができるので虫歯予防には効果的なのです。

その他にも歯医者が歯間ブラシを勧める理由としては、歯間ブラシを使うことで自分の口臭がチェックできることがあげられます。



歯垢は歯と歯の間に積み重なるようにして溜まると、そこで発酵して口臭を発生させます。

歯間ブラシを使った後のニオイをチェックすることで口臭があるかどうか判断することができるのです。

歯間ブラシは自分にあったサイズや形状のものを選ぶのが良いですが、どれが良いかわからない時などは歯科でも販売されていることが多いので、歯医者に相談してみると良いでしょう。